ここから本文です

環境省は福島の再生のために、県・市町村と共に除染活動を続けてまいります。このレポートでは毎週、除染を通して地域の再生に取り組む皆さんの活動をご紹介してまいります。

千年の伝統を途絶えさせてはいけない。「相馬野馬追」復活に向けた除染。

昨年は、規模を大幅に縮小して行われた「相馬野馬追」。今年は、2年ぶりに、例年通りの規模で開催されることになりました。福島県の夏祭りを代表する国指定の重要無形民俗文化財であり、千年以上続くこの伝統の祭りも昨年は、緊急時避難準備区域だった祭場地での神旗争奪戦や甲冑(かっちゅう)競馬を中止にするしかありませんでした。

「今年こそ通常開催を」と南相馬市が除染を発注。メーン会場となる南相馬市雲雀ケ原祭場地(原町区)の除染作業を5月中旬にスタート。

作業は、騎馬が走る延長約1キロの走路と争奪戦で神旗を獲得した騎馬武者が駆け上がる本陣山の「羊腸の坂」で、走路表面は深さ約5センチの砂を除去。走路や坂には、新しい砂を敷きました。観覧席などの草は開催までに刈り込む予定。

県内はもとより全国から多くの観客が訪れる、相馬野馬追。今年は、いつも通りの規模で7月28日から30日に開催される予定です。


東北六大祭りのひとつとして紹介される相馬野馬追(そうまのまおい)は、相馬を初めとする旧相馬藩領(福島県浜通り北部)で行われる新軍および祭り。千年以上の歴史を誇る国の重要無形民族文化財。


本祭りの開催地である雲雀ヶ原祭場地の除染作業(5月31日撮影)

福島再生vol.1 南相馬市原町区 PDFリンク

バックナンバー

■2017年の福島再生

■2016年の福島再生

■2015年の福島再生

■2014年の福島再生

■2013年の福島再生

■2012年の福島再生

福島再生

メルマガ登録:環境再生プラザのイベント・セミナー情報や福島県内の関連イベント情報、環境再生プラザのホームページに掲載している関連資料について、その更新情報をメールで配信するサービスです。

環境再生プラザ紹介リーフレット

ラジオ福島 福島再生へのみち

ふくしまFM 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介