ここから本文です

環境省は福島の再生のために、県・市町村と共に除染活動を続けてまいります。今回は、福島ユナイテッドFCのホームゲームが開催された平塚市から、福島へ寄せられた応援の声をレポートします。

復興への思いをひとつに。サッカーを通じて平塚から福島へ、エールを送る。

この6月30日に、福島ユナイテッドFCのホームゲームとして、佐川印刷SCとの試合が、J1・湘南ベルマーレのホームスタジアム・Shonan BMWスタジアム平塚で行われました。この試合は、福島ユナイテッドFCのホームゲームでありながら、ホームではないスタジアムで開催された、日本サッカー史上初の試みでした。この試合では、福島県内外の避難者や福島ユナイテッドFCのサポーターを招待し、福島県民を勇気づけるとともに、湘南ベルマーレのサポーターとの交流を図ろうという、両チームの思いによって実現しました。

福島ユナイテッドFC代表の鈴木勇人氏は、「今回、私たちと業務提携した湘南ベルマーレの協力で、平塚でのホームゲームを開催できました。また、福島県によるPRやバスツアーの支援もあり、福島県内外で避難生活を送る県民や、ユナイテッドサポーターも招待できました」と語りました。

この日の会場では、“がんばろう福島ブース”と題して福島の物産PRと情報を発信する八店舗が出展しました。そのひとつが除染情報プラザの移動展示で、最新の除染状況を伝えるとともに、福島への応援メッセージを募りました。来場した多くの方々からは、「神奈川から応援しています」「再生と発展、子どもの夢が叶うよう祈っています」など福島への暖かいメッセージが寄せられました。そして除染によって復興に向かう様子を伝える展示を、熱心に見ていました。

佐川印刷SCとの試合は、両者譲らず引分けでしたが、両チームサポーターが一体となり、大きな声援をピッチに送りました。県内で避難生活を送るサポーターの女性は、「スタジアムに来ると元気をもらえますね」と笑顔を見せました。

「サッカーを通じて、サポーターや地域の心をひとつにする貢献をしていきたい」という鈴木氏の言葉のように、福島ユナイテッドFCの気迫溢れるゲームを通じて、サポーターの絆と、復興への思いがより強まった一日となりました。


湘南ベルマーレサポーターのお二人。「福島を応援しに来ました」と笑顔。


ユナイテッド応援席に湘南ベルマーレサポーターが参加し、一緒に応援した。


福島へのメッセージを寄せる平塚市の親子。「展示が福島の今を知るきっかけに」と語る。


除染情報プラザブース。福島の物産販売ブースにも、多くのサポーターが訪れた。


福島ユナイテッドFCの先発メンバー。地元と変わらない観客席からの声に応え、力強いプレーを見せた。

福島再生vol.47 福島ユナイテッドFC PDFリンク

バックナンバー

■2017年の福島再生

■2016年の福島再生

■2015年の福島再生

■2014年の福島再生

■2013年の福島再生

■2012年の福島再生

福島再生

メルマガ登録:環境再生プラザのイベント・セミナー情報や福島県内の関連イベント情報、環境再生プラザのホームページに掲載している関連資料について、その更新情報をメールで配信するサービスです。

環境再生プラザ紹介リーフレット

ラジオ福島 福島再生へのみち

ふくしまFM 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介