ここから本文です

環境省は福島の再生のために、県・市町村と共に除染活動を続けてまいります。今回は、住民が想いを一つにして除染に取り組んでいる福島市大波地区のレポートです。

諦めず、風化させず。空気の澄んだ元の大波へ。

福島市大波地区は局地的に放射線量が高く、市内でいち早く昨年10月から除染が始まりました。早期除染実現の背景には地区住民の結束力がありました。

「除染の前提になる仮置き場を決めるために、候補地に一番近いお宅へ説明に行った時のこと。「誰でも家のそばは嫌。でも地域のために~」と事を分けて話すと納得してもらえたんです。市の隣接住民説明会の開催前に反対の声が出た時も「孫や子どもと暮らせるようにしませんか。そのために力を貸してほしい」、とお願いすると、そこでは反対はなかった」と語る佐藤俊道大波地区自治振興協議会長は、地区住民の協力にあらためて感謝します。

そして始まった除染作業では住民と行政が連携。全国から駆けつけてくれた多くのボランティアの「ありがたい力」も得て小学校や住宅はほぼ終了し、住宅周辺や農地の除染にも取りかかりました。

「空気の澄んだ大波に戻すために、効果的な方法などを我々も提案しつつ、行政と向き合ったり並んだりしながら取り組んでいきたい」。佐藤さんは最後にこう語りながら、緑豊かな大波の景色に目を移しました。


優先的に除染を終え、大波地区の未来を担う子どもたちが元気に通っている大波小学校。


佐藤さんが数多く制作中の「諦めず、くじけず、風化させず」という地区住民の復興への意思を託した『まけないいし』。


「我々の世代で解決して、次の世代に元の大波を渡したい」と佐藤俊道福島市大波地区自治振興協議会長。

福島再生vol.12 福島市 PDFリンク

バックナンバー

■2017年の福島再生

■2016年の福島再生

■2015年の福島再生

■2014年の福島再生

■2013年の福島再生

■2012年の福島再生

福島再生

メルマガ登録:環境再生プラザのイベント・セミナー情報や福島県内の関連イベント情報、環境再生プラザのホームページに掲載している関連資料について、その更新情報をメールで配信するサービスです。

環境再生プラザ紹介リーフレット

ラジオ福島 福島再生へのみち

ふくしまFM 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介