ここから本文です

環境省は福島の再生のために、県・市町村と共に除染活動を続けてまいります。今回は、JFL昇格を果たし、勝利に向けて、除染後のグラウンドで練習に励む、福島ユナイテッドFCの活動をレポートします。

福島に元気を。福島ユナイテッドFC、JFLでの躍進を誓う。

福島市を拠点とするサッカーチーム「福島ユナイテッドFC」は、平成24年シーズンに悲願のJFL(日本フットボールリーグ)昇格を果たしました。

復興を目指す福島県民を大いに勇気づけたこの快挙は、同チームの練習場である福島市の十六沼公園サッカー場が、除染作業で3ヵ月余り使えなくなるなど、他のチームにはない厳しい練習環境の中で成し遂げられました。

同サッカー場の除染は、福島市によって昨年8月23日から始まり、12月7日に終了しました。

除染期間中、選手の皆さんは、地元企業の支援を受けながら、県内外まで長い時間をかけて移動し、練習する日々を送りました。「移動は大変でしたが、バスの中で選手同士がコミュニケーションを取れたことは、JFL昇格に向けてプラスになった」と清水純選手。時崎悠監督は、「除染でグラウンドが使えなかった間、練習場の確保をはじめ、様々なご支援を頂き、私たちの活動が本当に多くの方々に支えられていることを再認識しました」と、話します。

十六沼公園サッカー場での練習は、今年1月から再開され、時崎監督のもと、選手・スタッフ総勢29名が一丸となってJFLでの活躍を目指し、練習に励んでいます。チームのエースである、益子義浩選手は、「戦うからには一番上を目指したい」と、JFLでの活躍を誓います。

3月10日に開幕した初戦では、福島ユナイテッドFCは、昨季J2所属の町田ゼルビアを1−0で破り、JFLデビュー戦を見事な勝利で飾りました。また、県民待望のホームゲームは、福島市の信夫ヶ丘競技場で3月17日の13時より開催されます。

福島ユナイテッドFC公式WEBサイト


福島市出身の時崎悠監督。「多くの方々に支えられ、厳しい状況を乗り越えたことで、『いいわけをつくらない』強い集団になったと思う。県民の方々に勝つ姿をお見せしたい」とJFL参戦の抱負を話す。


除染を終えた十六沼公園サッカー場で、今年2月14日行われた富士大学とのトレーニングマッチ。


福島市の稲荷神社にて、JFLでの必勝を祈願する福島ユナイテッドFCチーム一同。(H25年2月28日撮影)

福島再生vol.37 福島県 福島ユナイテッドFC PDFリンク

バックナンバー

■2017年の福島再生

■2016年の福島再生

■2015年の福島再生

■2014年の福島再生

■2013年の福島再生

■2012年の福島再生

福島再生

メルマガ登録:環境再生プラザのイベント・セミナー情報や福島県内の関連イベント情報、環境再生プラザのホームページに掲載している関連資料について、その更新情報をメールで配信するサービスです。

環境再生プラザ紹介リーフレット

ラジオ福島 福島再生へのみち

ふくしまFM 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介