ここから本文です

環境再生レポート

vol.6

2018年11月21日

「みちさがしで訪ねました。
 ~ワインから始める魅力ある地域の再生~」

環境再生プラザのスタディツアー「ふくしまみちさがし 浜通から知る地域産業再生の可能性」を11月10日、11日に実施しました。その訪問先の一つ、富岡町の太平洋を一望する小高い丘にある葡萄畑を見学しました。
案内していただいた、とみおかワイン葡萄栽培クラブの遠藤秀文さんは、町の有志と共にワイン用葡萄を栽培されています。当初は約400本だった苗は、現在3種900本となり、会員が30名に増え、下草刈りなどサポーターも大きな存在となっているとのことです。


太平洋を望むワインヤード


ツアー参加者に説明をする遠藤さん


ワイン用葡萄の様子


新しく苗木を植える予定の場所で枝拾いのボランティア作業をする参加者

暖かい日差しを浴びる苗木を見ながら、高齢者でも葡萄栽培をとおして生きがいを感じられるように、地元の魚などの食材と作ったワインで地域の良さを実感できるようにして、少しでも地域再生に貢献できたらと遠藤さんは話されました。

バックナンバー

■2018年の環境再生レポート

メルマガ登録:環境再生プラザのイベント・セミナー情報や福島県内の関連イベント情報、環境再生プラザのホームページに掲載している関連資料について、その更新情報をメールで配信するサービスです。

環境再生プラザ紹介リーフレット

ラジオ福島 福島再生へのみち

ふくしまFM 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介