ここから本文です

除染活動レポート

vol.130

2016年3月16日

除染作業員から子どもたちへ
福島市で「サンクスヘルメット」へのお返し

2016年3月16日、福島市内の除染作業に従事する作業員から、市内5つの小中学校(西信中学校、荒井小学校、佐倉小学校、佐原小学校、土湯小学校)にテントの贈呈が行われました。
これら5校の児童・生徒は前年8月、福島県内のメディア8社連携の活動「ONEふくしま」が実施している「サンクスヘルメット」において、除染作業員に感謝・激励のメッセージを贈りました。その後、メッセージを受け取った除染作業員の中から「お返しをしたい」との声があがり、学校と相談した結果、子供たちに、運動会などで思いっきり外遊びを楽しんでもらいたいという思いから、今回、テントの贈呈が行われることになりました。
贈呈式は西信中学校で行われ、同校の生徒及び5校の校長先生に対し、除染作業員からテントの目録が手渡されました。
大林組・亀岡工務店特定業務委託共同企業体の鈴木順一所長が除染作業員を代表し、「生徒・児童の皆さんから心温まるメッセージを頂き、毎日の作業の力になっています。感謝の気持ちをお返ししたい。テントは子どもたちの健やかな学校生活に役立てていただきたい。」と挨拶しました。
テントを受け取った荒井小学校の佐藤喜彦校長は「本日は素晴らしいプレゼントを頂き、心から感謝しています。テントは学校の運動会や地域の体育活動で大いに活躍させていただきます。」と御礼を述べました。

【目録贈呈の様子】

【贈呈後の記念撮影】

【2015年8月の贈呈式の様子】

バックナンバー

■2017年の除染活動レポート

■2016年の除染活動レポート

■2015年の除染活動レポート

■2014年の除染活動レポート

■2013年の除染活動レポート

■2012年の除染活動レポート

除染活動レポート

メルマガ登録:環境再生プラザのイベント・セミナー情報や福島県内の関連イベント情報、環境再生プラザのホームページに掲載している関連資料について、その更新情報をメールで配信するサービスです。

環境再生プラザ紹介リーフレット

ラジオ福島 福島再生へのみち

ふくしまFM 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介