ここから本文です

除染活動レポート

vol.10

2012年8月28日

本宮市
福島県による除染技術実地試験

イーコン・ポリイオン工法による道路除染
洗浄排水を固液分離することで、除染により発生した放射能を含んだ汚染水を約1/100以下に減容(体積を小さくすること)できます。また、除染中、飛散防止を行うことで空間線量も下がり、作業者の安全確保ができ、汚染水を吸引、回収することにより、周囲に垂れ流すことも無く、安全かつ工期短縮が可能となりコスト低減が図れます。

路面洗浄装置による洗浄
ポリイオン水の高圧温水洗浄により
放射性物質を捕らえます

洗浄後バキューム車へ回収
吸引装置で除染水を同時回収することで
放射性物質の飛散をなくします

固液分離装置
上澄み水とスライムに分離。
今回の上澄み水からの放射性物質濃度は
検出下限値未満となりました

バックナンバー

■2017年の除染活動レポート

■2016年の除染活動レポート

■2015年の除染活動レポート

■2014年の除染活動レポート

■2013年の除染活動レポート

■2012年の除染活動レポート

除染活動レポート

メルマガ登録:環境再生プラザのイベント・セミナー情報や福島県内の関連イベント情報、環境再生プラザのホームページに掲載している関連資料について、その更新情報をメールで配信するサービスです。

環境再生プラザ紹介リーフレット

ラジオ福島 福島再生へのみち

ふくしまFM 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介