ここから本文です

除染活動レポート

Vol.129

2015年11月19日

川俣町・飯舘村・楢葉町・浪江町
から届いた新米
全国においしさを発信

11月19日、川俣町の古川道郎町長、生産者の本田勝信さんが、丸川珠代環境大臣、井上信治副大臣、白石徹大臣政務官を訪問して新米を進呈しました。丸川大臣らは、一緒に炊きたての米を試食し、全国へ向けておいしさをアピールしました。
川俣町山木屋地区の避難指示解除準備区域では、平成24年に除染が終了した田んぼで試験栽培を開始し、平成25年、26年には作付け試験を行いました。そして、今年はついに、販売が再開されることになりました。

同日より、環境省が入る中央合同庁舎5号館の職員食堂では、川俣町、飯舘村、楢葉町、浪江町の4町村で収穫された作付け試験米の提供が行われました。

川俣町、飯舘村、楢葉町、浪江町の除染が終了した水田からおいしいお米が収穫されました。

バックナンバー

■2017年の除染活動レポート

■2016年の除染活動レポート

■2015年の除染活動レポート

■2014年の除染活動レポート

■2013年の除染活動レポート

■2012年の除染活動レポート

除染活動レポート

ラジオ福島 福島再生へのみち

なすびのギモン!除染や放射線に関する様々なギモンについて、まんがと映像、2つのスタイルでなっとくするまで調べてお伝えします!

除染・放射線学習ツールのご紹介