ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です

トップページ > 除染についての基礎情報 > 除染の進め方と必要性について > 除染の進め方(共通事項) > 除染特別地域における除染の進め方

除染特別地域における除染の進め方

「除染特別地域」における除染の進め方

国は市町村などの関係者との協議・調整を行い、具体的で実効ある「特別地域内除染実施計画」を策定し実施します。
避難指示区域の見直しの動向や除染技術の開発状況などを踏まえ、市町村ごとに除染する対象区域、除染の優先順位を具体的に計画に示し、除染を進めていきます。

コミュニティ全体を除染し、放射線量を減らします

東京電力福島第一原子力発電所の事故により、大気中に放出された放射性物質が、雨などにより地上に降下し、地域の土や草木や建物に付着しています。除染により、それらの放射性物質を取り除きます。 除染を行う際には、建物、道路、農地等を含むコミュニティ全体をまとめて行う必要があります。状況に応じて、役場、道路などの拠点となる場所などから段階的に除染します。

コミュニティ全体の除染の例※

コミュニティ全体の除染の例

除染を実施する地域における詳細モニタリングについて

環境省では、放射性物質汚染対処特措法に基づき国が除染を実施する地域における詳細モニタリングを平成23年11月7日(月)から平成24年2月28日(火)にかけて実施し、測定結果を取りまとめ最終報告として公表します。

安全かつ効率的、効果的な除染の方法

放射線量を低減させるためには、取り除く(除去)、さえぎる(遮へい)、遠ざける、の3つの方法があります。これらを組み合わせて、コミュニティ全体を面的に除染していきます。

除染は、面的に空間線量を下げるために、建物、道路、農地などを含めてコミュニティ全体を対象とします。
具体的な除染方法としては、地域の空間線量、除染対象物の特性や状況等に応じて異なります。そのため、除染の実施に先立ち、空間線量の測定や建物等の状況の調査を行い、それぞれのケースについて最適な除染方法を選択します。

除染方法の例(宅地)

屋根:ブラシ洗浄

壁:拭き取り

雨樋(縦樋):高圧水洗浄、吸引

コンクリート土間:高圧水洗浄

コンクリート土間:ショットブラスト

庭:表土の剥ぎ取り

除染方法の例(その他)

森林(公園):
堆積物(落葉落枝)の除去

常緑樹:枝打ち

グラウンド:表土の剥ぎ取り

道路:ショットブラスト

道路:高圧水洗浄

側溝:堆積物除去

除染を行う際には、皆さまの土地などに立ち入るため、同意を得ながら進めていきます

現地調査や除染を行うため、土地・建物の所有者等の皆さまに現地調査に関するご了解、除染方法についてのご確認、ご同意をいただくことが必要です。

除染工程の一連の流れ

除染のしくみの整備
除染の進め方と必要性について
環境省の取組み
現行の除染計画等について 除染特別地域(国直轄除染)の点検結果
福島環境再生事務所について
除染特別地域の概要・進捗
マップで見る

市町村を選択して下さい

除染の進捗をご覧になりたい市町村をクリックしてください

地図:除染特別地域(国直轄除染) 飯舘村 川俣町 浪江町 南相馬市 葛尾村 田村市 双葉町 大熊町 富岡町 川内村 楢葉町

地図:除染特別地域(国直轄除染) 飯舘村 川俣町 浪江町 南相馬市 葛尾村 田村市 双葉町 大熊町 富岡町 川内村 楢葉町

印刷する

除染特別地域の一覧・計画について
帰還困難区域における除染モデル実証事業
除染モデル実証事業について
本格除染
常磐自動車道における除染
除染作業の進め方
除染で取り除いた土壌等の管理
除染を実施する地域における詳細モニタリングについて(最終報告)
除染実施計画に基づく除染の結果
事後モニタリングの状況について
除染実施区域の概要・進捗

印刷する

除染措置完了市町村について
除染措置完了市町村について
市町村除染における総点検の結果
新着一覧
除染に関する報道について
政策資料・ガイドライン
サイトマップ
お問い合わせ
プライバシーポリシー
著作権・利用規約
除染の適正化に向けた取組
除染事業者・作業員の皆様向けQ&A

除染情報プラザ「ミニ」除染情報プラザでは皆さまのご質問にお答えしています

↑ページトップヘ

ここまで本文です

サイトのご利用案内ここまでです。