ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
トップページ > 除染の状況(除染特別地域)

除染特別地域では、環境省が特別地域内除染実施計画に基づき、除染を実施し、2017年3月末までに帰還困難区域を除く全ての市町村で面的除染が完了しました。

除染特別地域における進捗の結果

除染の進捗をご覧になりたい市町村をクリックしてください

市町村 除染完了時期 避難指示解除日
田村市 2013年6月 2014年4月1日
楢葉町 2014年3月 2015年9月5日
川内村 2014年3月 (旧避難指示解除準備区域)
2014年10月1日
(旧居住制限区域)
2016年6月14日
大熊町 2014年3月 2019年4月10日
葛尾村 2015年12月 2016年6月12日
川俣町 2015年12月 2017年3月31日
双葉町 2016年3月 -
飯舘村 2016年12月 2017年3月31日
富岡町 2017年1月 2017年4月1日
南相馬市 2017年3月 2016年7月12日
浪江町 2017年3月 2017年3月31日

※除染完了時期は、各市町村の除染実施計画における除染対象のうち、同意を得られたものに対する面的除染が完了した時期を記載。

除染・事後モニタリングの結果(除染特別地域全体)

【地表面から1m高さの空間線量率 土地区分毎の変化】

グラフ:地表面から1m高さの空間線量率 土地区分毎の変化

注:宅地、農地、森林、道路の空間線量率の平均値(測定点データの集計)
  宅地には学校、公園、墓地、大型施設を、農地には果樹園を、森林には法面、草地・芝地を含む。
  除染後半年から1年後に、除染の効果が維持されているか確認をするため、事後モニタリングを実施。
  各市町村の事後モニタリングデータはそれぞれ最新の結果を集計。
  データがある地域に限る。帰還困難区域を除く。

[実施時期]

  • 除染前測定時期:2011年11月~2016年10月
  • 除染後測定時期:2011年12月~2016年12月
  • 事後モニタリング時期:2014年10月~2017年6月

  • 除染前後・事後モニタリングの結果に基づき、除染による線量低減効果を評価。
  • 除染前の平均の空間線量率は全地目平均で1.31μ㏜/h、除染後は0.62μ㏜/h(53%低減)、事後モニタリング時には0.44μ㏜/h(67%低減)となっている。

【地表面から1m高さの空間線量率 線量ヒストグラム】

グラフ:地表面から1m高さの空間線量率 線量ヒストグラム

注:宅地、農地、森林、道路の除染前後の空間線量率の度数分布図(測定点データの集計)
  宅地には学校、公園、墓地、大型施設を、農地には果樹園を、森林には法面、草地・芝地を含む。
  (ある区画の平均的な線量を把握するため、宅地では、各宅地概ね10箇所程度測定を実施。)

[実施時期]

  • 除染前測定時期:2011年11月~2016年10月
  • 除染後測定時期:2011年12月~2016年12月
  • 事後モニタリング時期:2014年10月~2017年6月

↑ページトップヘ

ここまで本文です

サイトのご利用案内ここまでです。