ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です

トップページ > 除染についての基礎情報 > 現行の除染計画等について 除染特別地域(国直轄除染)の点検結果

現行の除染計画等について 除染特別地域(国直轄除染)の点検結果

  • 市町村ごとの事情が異なることから、進捗に差が生じているため、これまでの経験を踏まえた今後の課題への対処や、復興の動きとの連携の重要性が増しています。
  • 地元も相談の上、個々の市町村の状況に応じ、除染の進め方を見直しました。

現状の評価

市町村ごとに下記のような様々な事情があったことから、進捗に差が生じています。

除染に着手するまでの調整に時間がかかった場合

  • 区域見直し、除染計画の策定に時間を要したケースあり
  • 仮置場の確保や同意取得に時間を要した
  • 放射線の健康影響や除染の効果についての懸念
  • 中間貯蔵施設設置の道筋が立っていないことにより、除去土壌等の行き先が不透明との懸念

現場条件等により時間がかかった場合

  • 降雪等の自然影響を受けたケースあり
  • 補償業務の追加
  • 実態に即した作業手順や施工計画

経験を踏まえた今後の課題

  • 作業員の確保(除染作業が労働集約的)
  • 安全対策の充実(多くの作業員にとって初めての作業)
  • 交通量、廃棄物処理への負荷(作業員移動や除去土壌運搬、作業員宿舎から発生する廃棄物処理)

復興の動きとの連携

  • 除染と復興事業との連携(インフラ整備、復興拠点整備、土地利用転換等)の円滑化
  • 帰還見込時期を踏まえて除染を行う必要
  • 帰還意思やその時期に関する住民の意向の分化

今後の方向性

  • 一律に2年間で除染し仮置場への搬入を目指すとした従前の目標を改め、個々の市町村の状況に応じ、復興の動きと連携した除染を推進します。
  • その際、除染の加速化・円滑化のための施策を講じるとともに、復興の具体化・進展に応じて除染の進め方を柔軟に見直します。
  • 田村市は、除染計画に基づく除染等の措置は終了。楢葉町、川内村及び大熊町は、現行除染計画どおり、平成25年度内の完了を目指します。南相馬市、飯舘村、川俣町、葛尾村、浪江町及び富岡町は、各市町村と引き続き調整を行い、年内を目処に現行除染計画の変更を行います。双葉町については、復興の道筋の検討と合わせ、除染計画の策定に向けて、引き続き調整を行います。
除染のしくみの整備
除染の進め方と必要性について
環境省の取組み
現行の除染計画等について 除染特別地域(国直轄除染)の点検結果
福島環境再生事務所について
除染特別地域の概要・進捗
マップで見る

市町村を選択して下さい

除染の進捗をご覧になりたい市町村をクリックしてください

地図:除染特別地域(国直轄除染) 飯舘村 川俣町 浪江町 南相馬市 葛尾村 田村市 双葉町 大熊町 富岡町 川内村 楢葉町

地図:除染特別地域(国直轄除染) 飯舘村 川俣町 浪江町 南相馬市 葛尾村 田村市 双葉町 大熊町 富岡町 川内村 楢葉町

印刷する

除染特別地域の一覧・計画について
帰還困難区域における除染モデル実証事業
除染モデル実証事業について
本格除染
常磐自動車道における除染
除染作業の進め方
除染で取り除いた土壌等の管理
除染を実施する地域における詳細モニタリングについて(最終報告)
除染実施計画に基づく除染の結果
事後モニタリングの状況について
除染実施区域の概要・進捗

印刷する

除染措置完了市町村について
除染措置完了市町村について
市町村除染における総点検の結果
新着一覧
除染に関する報道について
政策資料・ガイドライン
サイトマップ
お問い合わせ
プライバシーポリシー
著作権・利用規約
除染の適正化に向けた取組
除染事業者・作業員の皆様向けQ&A

↑ページトップヘ

ここまで本文です

サイトのご利用案内ここまでです。