ここから本文です

今週の福島(福島地方環境事務所の活動)

2018年8月31日

福島の除染・廃棄物・中間貯蔵・リスクコミュニケーションなどの状況を週一回更新しています。

最近の動きのポイント

除染・廃棄物対策関連

  • 双葉町、大熊町、浪江町及び富岡町の特定復興再生拠点区域において、建物等解体撤去及び除染工事を実施中です
  • 前月と比較して、除染特別地域(直轄除染)の仮置場等における保管物数が約18万袋減少し、4箇所の仮置場等で搬出が完了しました(7月31日時点)
  • 汚染状況重点調査地域(市町村除染)の仮置場等の状況について、福島県の公表資料により作成しました
  • 田村市地見城仮置場の原状回復が完了しました

中間貯蔵施設関連

  • 鏡石町及び広野町から平成30年度の輸送を開始しました
<除去土壌等の輸送の進捗状況>
今年度の輸送対象物量 搬入済量(8/28時点) 進捗率
約180万m3 約44.5万m3 約24.9%
累積の輸送対象物量 搬入済量(8/28時点) 進捗率
約1,400万m3 約120.4万m3 約8.7%

リスクコミュニケーション等関連

  • 自治体職員や相談員等の活動の支援、住民の放射線に関する理解醸成の支援、環境再生等に関する情報発信等の活動を実施中です
  • いわき市において、「第2回相談員合同ワークショップ」を開催しました(8/28)
  • リプルンふくしまが開館しました(8/24)
  • リプルンふくしまで実験教室を開催しました(8/25,26)
  • 福島の環境再生に関するトピックを発信する「環境再生レポート」を更新しました

※以前の記事は下のバックナンバーよりご覧いただけます。

バックナンバー

■2018年の今週の福島

■2017年の今週の福島

■2016年の今週の福島

■2015年の今週の福島

■2014年の今週の福島

■2013年の今週の福島

■2012年の今週の福島