ここから本文です

今週の福島(福島環境再生事務所の活動)

2017年1月20日

福島の除染・廃棄物などの状況を週一回更新しています。
※昨年以前の記事はページ下部のバックナンバーよりご覧いただけます。

1.国直轄除染地域の除染について

(1)今週の動き

月日 内容
1/16 平成28年度川俣町除染等工事(豪雨災害による未着手地域等)を公告
1/20 平成29年度葛尾村仮置場復旧等工事監督支援業務を公告
平成29年度楢葉町除去土壌等の適正管理等工事監督支援業務を公告
平成29年度南相馬市除去土壌等の適正管理等工事監督支援業務を公告
平成29年度飯舘村除去土壌等の適正管理等工事監督支援業務を公告
平成29年度川俣町除去土壌等の適正管理等工事監督支援業務を公告
平成29年度大熊町除去土壌等の適正管理等工事監督支援業務を公告
平成29年度富岡町除去土壌等の適正管理等工事監督支援業務を公告
平成29年度双葉町除去土壌等の適正管理等工事監督支援業務を公告

(2)来週の動き

除染作業の実施

(3)進捗状況

別添「除染特別地域の除染の進捗状況 PDFリンク」、「国直轄除染の進捗状況概要 PDFリンク」(12月31日時点)、「除染特別地域(直轄除染)における仮置場等の箇所数、保管物数及び搬出済保管物数について PDFリンク」(12月31日時点)のとおり

2.市町村除染地域の除染について

(1)今週の動き

ア)巡回訪問
月日 訪問先
1/16 いわき市、国見町、宮城県丸森町
1/17 桑折町、川俣町、鏡石町、西郷村、棚倉町
1/18 鏡石町
1/19 南相馬市
1/20 国見町、大玉村、広野町

(実績:1月計39回、累計3199回(平成24年4月以降))

イ)除染に係る技術的・財政的相談への対応
月日 内容 備考
1/16 フォローアップ除染に係る打合せ 南相馬市
1/18 調整池モニタリング結果の報告 本宮市
ウ)ガンマカメラを活用した除染に関するリスクコミュニケーション支援事業
月日 内容 備考
1/18 撮影を実施 福島市、いわき市
エ)福島県除染対策事業交付金等の財政措置に関する市町村協議(29.1.1現在)
区分 福島県 岩手県・宮城県
協議中 12 1
回答済 637 171

(2)来週の動き

各市町村への巡回訪問を継続

3.廃棄物処理について

(1)今週の動き

月日 内容
1/16 平成29年度富岡町汚染廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去等工事(大型特殊建物)を公告
1/19 平成29年度富岡町汚染廃棄物対策地域における被災建物等解体撤去等工事(医療系特殊建物)を公告

(2)来週の動き

各市町村等との調整を実施

(3)進捗状況

別添「対策地域内廃棄物処理の進捗状況 PDFリンク」のとおり

4.中間貯蔵施設について

(1)今週・来週の動き

  • 輸送作業
  • 受入・分別施設及び土壌貯蔵施設の整備

(2)進捗状況等

1月18日までの搬入実績(平成28年度の輸送)

搬入先 搬出市町村 搬入量(袋)※
大熊町 大熊町 12,904
いわき市 1,029
須賀川市 2,485
富岡町 8,286
楢葉町 2,457
郡山市 4,858
田村市 5,221
会津美里町 1,929
会津坂下町 795
西郷村 4,453
湯川村 3,363
川内村 3,671
三春町 2,500
白河市 3,500
天栄村 2,160
棚倉町 1,190
泉崎村 2,617
猪苗代町 222
広野町 1,964
65,604
搬入先 搬出市町村 搬入量(袋)※
双葉町 双葉町 5,480
浪江町 8,050
伊達市 4,739
二本松市 4,482
福島市 6,173
桑折町 2,568
国見町 1,640
相馬市 4,206
川俣町 4,316
葛尾村 4,173
本宮市 3,259
新地町 702
大玉村 2,459
飯舘村 5,071
南相馬市 332
57,650

※フレキシブルコンテナ等1袋の体積は1m3と換算して表示する場合があります。
ただし、1袋1m3より小さいフレキシブルコンテナ等もありますのでご留意ください。

5.放射線健康影響等リスクコミュニケーションについて

(1)放射線健康管理官室の今週の動き

月日 名称 場所
1/19、20 車座集会 宿泊体験館きこり(飯舘村)

(2)「放射線による健康影響等に関するポータルサイト」(週1回更新)

こちらからご確認ください(基礎資料、Q&A、公的機関の記事(1/17更新))

(3)12市町村における主な放射線・リスクコミュニケーション実施体制について

相談員支援センターだよりNo.9(2016.12発行)を一部改変

市町村 主な放射線・リスクコミュニケーション
実施体制等
最近3ヶ月の研修やセミナー等
※以下の●は相談員支援センター事業を指し、以下の■はリスクコミュニケーション事業を指す
田村市
  • 市職員が住民からの放射線に関する相談に対応
  • 食品等放射能検査所(市内7カ所に測定器を設置)の検査員が食品の安全性に関する相談に対応
●田村市復興応援隊に対して研修会を開催
■住民セミナーを実施
南相馬市
  • 放射線健康相談員(現7名)が市内の仮設住宅や借上げ住宅等へ戸別訪問を実施(希望者には自宅の屋内・外や土壌、水道のモニタリングを専門家とともに実施)
    また、市外避難者に対して電話で放射線に関する相談に対応
●南相馬市放射線健康相談員の秋祭りでの活動をサポート
川俣町
  • 近畿大学の協力により、放射線等に関する相談会を開催
■住民向け車座集会を開催
広野町
  • 放射線相談室(相談員3名)が役場窓口での相談受付や仮設住宅集会場での相談会、町内の各集会場での老人会対象の相談会を開催
放射線相談室が、老人会向けに「食と水に関する研修会」を開催
楢葉町
  • 生活支援相談員(21名)が仮設住宅や借上げ住宅、帰町者宅を訪問し、放射線に関する相談にも対応
●生活支援相談員への研修会を開催
■住民向け車座集会や住民セミナーを開催
富岡町
  • 相談窓口を設置し、相談員支援センターが派遣した専門家等により、準備宿泊者等からの放射線に関する相談に対応
  • 町との協定に基づき、長崎大学が住民の放射線不安に対応
●町が主催する勉強会、また、個人線量測定や相談窓口等のために専門家派遣を実施
川内村
  • 放射線相談員(1名)がガンマカメラで個人宅等を撮影するとともに放射線に関する相談に対応
  • 村との協定に基づき、長崎大学が住民の放射線不安に対応
●生活支援相談員への研修会を開催。また、放射線不安が大きな住民対応のために専門家派遣を実施
■住民向け車座集会や住民セミナー、村職員向けの研修会を開催
大熊町
  • 町職員が放射線に関する相談に対応
■町職員向けの研修会を開催
双葉町
  • 町職員が放射線に関する相談に対応
-
浪江町
  • 放射線相談員(1名)が放射線に関する相談に対応
  • 町との協定に基づき、弘前大学が住民の放射線不安に対応
●町職員向けのDシャトルの利用方法に関する研修会や生活支援相談員への研修会を開催。また、個人線量測定のために専門家派遣を実施
■町職員向けの研修会を開催
葛尾村
  • 村職員が放射線に関する相談に対応
■住民向け車座集会や住民セミナーを開催
飯舘村
  • 村職員が放射線に関する相談に対応
●個人線量測定の結果取りまとめのために専門家派遣を実施
■住民向け車座集会を開催

問い合わせ

環境省福島環境再生事務所

  • 除染対策第一課         課 長:須田 恵理子 024-573-7438(内線400)
  • 市町村除染推進室        企画官:和田 充和  024-563-1307(内線440)
  • 放射能汚染廃棄物対策第一課   課 長:坂井 美穂子 024-573-7547(内線510)
  • 中間貯蔵施設等整備事務所
    調査設計課           課 長:鈴木 清彦  024-563-1290(内線310)
  • 放射線健康管理官室     参事官補佐:齊藤 大地  024-563-5197(内線650)
  • 庶務課広報室          室 長:橋本 賢明  024-529-6793(内線190)

バックナンバー

■2017年の今週の福島

■2016年の今週の福島

■2015年の今週の福島

■2014年の今週の福島

■2013年の今週の福島

■2012年の今週の福島