ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ

中間貯蔵施設情報サイト

Loading
  1. トップページ
  2. 除染土壌などの輸送について

除染土壌などの輸送について

現在、除染土壌などは、県内各地の仮置場等で保管されています。これらの輸送については、福島県、福島県内の市町村、関係機関から構成される輸送連絡調整会議での調整を経て、輸送基本計画を取りまとめました。
さらに、約1年間行ってきた「パイロット輸送」を踏まえ具体的な輸送実施計画を取りまとめました。

今後、これらの計画等に基づき、安全・確実に輸送を実施していきます。

輸送基本計画について

中間貯蔵施設への除染土壌等の輸送に係る基本計画

輸送の基本原則

中間貯蔵施設への除染土壌などの輸送にあたって、以下の基本原則をもとに計画を立てました。福島の復旧・復興へ向けた取組みのひとつとして、除染土壌などの輸送を適切に進めていきます。

輸送基本計画のポイントは、以下のとおりです。

安全かつ確実に輸送を実施すること
交通安全への対策や環境への影響を抑える対策により、住民や道路利用者の皆様の安全を確保し、確実に輸送を行います。
短期間かつ円滑に輸送を実施すること
福島県の一日も早い復旧・復興のため、できる限り短期間に輸送を完了させます。
国民及び関係機関の理解と協力の下、輸送を実施すること
輸送ルート沿道の住民の皆様をはじめ、福島県や全国の皆様に情報を発信し、ご理解とご協力を得て、輸送を実施します。

どのような管理体制で運ぶのですか?

中間貯蔵施設への除染土壌等の輸送は、国が中心となって市町村等と相談して行います。

大量の除染土壌等を安全かつ確実に輸送するため、国と、国の委託により輸送を統括管理する中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)が、輸送に係る情報を一元的に把握・管理します。

①輸送方法

除染土壌等の輸送は、既存の仮置場等を積込場*として、中間貯蔵施設へ直接運ぶ「直行輸送」と、仮置場等から積込場まで運び、除染土壌等を集約して中間貯蔵施設へ輸送する「集約輸送」があります。

  • 積込場とは、大型車両(10トンダンプトラック想定)への積込み・搬出が可能な場所。
直行輸送
  • 大型車両で仮置場等から中間貯蔵施設へ直接輸送します。
集約輸送
  • 小型・中型車両で仮置場等から集めた除染土壌等を、積込場に集約し、大型車両で積込場から中間貯蔵施設へ輸送します。

②輸送対象物の全数管理

  • 仮置場等から搬出する輸送対象物は、保管容器ごとに一元的に全数管理します。

③輸送車両の運行管理

  • GPSシステム等を活用し、輸送車両の位置情報等をリアルタイムに把握します。
  • 交通状況等に応じて、時間調整・ルート変更等の指示を行います。

毎日の暮らしへの影響は?

中間貯蔵施設への輸送では、放射性物質を含む大量の除染土壌等を扱うため、沿道の住民や一般の道路利用者の皆様の安全を確保して行います。
輸送による粉じん、騒音・振動、被ばく等を抑制する対策を講じ、住民の皆様の健康及び生活環境を守ります。

また、影響をモニタリングし、安全を確認するとともに、地域の皆様とその情報*を共有します。

  • このモニタリング情報をはじめ、輸送の進捗状況や輸送の経路情報等を、本サイト及びJESCO中間貯蔵事業情報サイトにて公開します。

①大型車両による高速道路の利用

輸送には、住民の皆様の暮らしへの影響が少ない高速道路を積極的に利用します。車両は輸送の効率化や輸送期間の短縮等を考え、できる限り大型車両を使用します。

②荷姿(容器・シート等)による対応

放射性物質を含んだ除染土壌等の飛散、流出や悪臭を予防するため、フレキシブルコンテナ等に詰め、荷台をシートで覆うことを基本とします。

③子どもの生活圏や混雑時に配慮

学校や通学時間等、子どもの生活圏に配慮した輸送を行います。また、渋滞時を避ける等住民や一般の道路利用者の皆様への影響を抑えるとともに、地域の状況に合わせた対応をとります。

④作業員への教育など

運転者や作業員等の教育や研修を行い、本事業の重要性や放射性物質を扱うことに対する意識を高め、安全かつ円滑な輸送を確保します。

今後の計画はどうなっていますか?

輸送の役割分担

除染を実施する市町村等と役割分担し、中間貯蔵施設を整備する国が中心となって輸送を行います。現場保管場所や小規模な仮置場からの搬出等については、地域の状況に詳しい除染実施者が対応することで、安全かつ円滑な輸送の確保に努めます。

国は積込場での積込みや中間貯蔵施設への輸送を実施するとともに、除染実施者(市町村等)の積込場確保や端末輸送*の支援を行います。

除染実施者は、現場保管場所等から積込場への輸送を実施するとともに、輸送対象物に関する情報の整理や、積込場の確保等を行います。

  • *端末輸送とは、現場保管場所や小規模な仮置場から積込場までの輸送。

関係機関の連携強化

関係機関の共通認識や相互理解・協力をはかるための輸送連絡調整会議を設置し、連携して取組みます。

パイロット輸送の実施

国が中心となり、除染実施者等と連携して、本格的な輸送に先立ち、輸送手段の効率性や対策の効果の確認等を行うため、「パイロット輸送」を約1年間実施しました。

道路・交通対策

中間貯蔵施設への輸送にあたって、事故危険箇所での安全対策、渋滞のピークをずらした輸送等、道路・交通面の対策を行います。

輸送実施計画に沿った輸送

輸送の実施にあたっては、中間貯蔵施設の整備状況を踏まえつつ、関係機関とも連携し、一定期間(年度等)を対象とする「輸送実施計画」を策定し、その実施計画において、搬出する仮置場等、輸送ルートや輸送量等を定めます。

▲ページ最上部へ

輸送実施計画について

中間貯蔵施設への除去土壌等の輸送に係る実施計画
※平成28年6月更新

中間貯蔵施設への除染土壌等の輸送に係るH26~H27年度実施計画(パイロット輸送)
※平成27年6月更新


  • 平成27年3月~平成28年3月、大量の除染土壌などを輸送する本格輸送に向け、安全かつ確実に実施できることを確認するため、パイロット輸送を実施しました。

パイロット輸送の実施・検証を通じて、
本格輸送に向けた準備を進めていきます。

▲ページ最上部へ

除染土壌等に係る輸送車両の運行について

中間貯蔵施設への輸送に関する高速道路利用について

中間貯蔵施設への除染土壌等の輸送車両の運行について[平成27年3月〜平成28年3月]

輸送の状況について

輸送の状況についてはこちらをご覧ください。

▲ページ最上部へ

参考資料・リンク集

動画

中間貯蔵施設や輸送などについてわかりやすくお伝えする動画をご覧いただけます。

パンフレット等

中間貯蔵施設について、分かりやすく説明したパンフレット等をご覧いただけます。