ここから本文です

専門家派遣事例紹介

福島県立本宮高等学校(モニタリングのアドバイス)

団体名・受講者

団体名

福島県立本宮高等学校

受講者

事務長様他

実施内容・指導内容

実施内容

学校ではグラウンドの除染を終わっていましたが、校舎周りの除染について効果的に放射線量を低減させる観点からモニタリング調査を依頼され実施しました。

指導内容

  • 側溝のモニタリング指導
  • グランド脇土手のモニタリング指導
  • サッカーゴール裏のバックネットのモニタリング指導
  • グラウンドのモニタリング指導

専門家のコメント

学校側としては0.23が健康影響上の理由からそれ以下に低減させることを望んでいましたが、0.23は必ずしも放射線影響から設定されたものでないこと、また1回の除染で0.23未満に低減させることは困難な場合が多いことを理解していただく必要があると感じました。

依頼者からの声

法面からの影響はほとんどないとのこと。一度にすべてをやるのではなく、まず表土改善、雨どいの洗浄といった除染の意義が明確であることから始めるべきとの意見は今後に生かせる。アスファルトを洗浄した効果が出ていないのは疑問のままなので洗浄方法について今後の課題として残りました。

当日の様子

環境再生プラザ技術アドバイザーによる
除染現場指導の様子

グランド脇土手のモニタリング指導の様子

サッカーゴール裏のバックネットの
モニタリング指導の様子

グラウンドのモニタリング指導の様子

専門家派遣お申込みはこちら

専門家派遣についてご質問・お問合せはこちら