ここから本文です

専門家派遣事例紹介

福島県伊達郡桑折町立睦合小学校(放射線に関する講習会)

団体名・受講者

団体名

福島県伊達郡桑折町立睦合小学校

受講者

睦合小学校の3、4年生と5、6年生

実施内容・授業内容

実施内容

放射線授業、霧箱実験

授業内容

  • 「放射線ってなんだろう?」を使用して、放射線とその性質、被ばくなどの基本的な事項について説明しました。
  • 霧箱実験と身近にある物質の放射能測定のデモンストレーションも実施した。実験は1、2年生も見学しました。

専門家のコメント

  • 講義だけでなく、「放射線を見る」「身近な放射線を知る」と言った実験を組み合わせることで、子どもたちの興味、関心を惹く授業内容となりました。
  • 子どもたちが疑問に思っていることなどについて、教頭先生から質問をあげてもらうよう促していただき、生徒との距離感を縮めて話しを進める事ができました。

依頼者からの声

  • 事前打合せを行い、当日は希望内容を踏まえてきめ細かに対応していただきました。
  • 子どもたちに放射線の影響を教える事は、とても難しいと思います。わかりやすく教える方法があれば良いと思います。

当日の様子

環境再生プラザの登録専門家・河田東海夫先生と睦合小学校の教頭先生による授業進行

「宇宙も生物もみんな原子からできていることがわかったね!」と子どもたちにわかりやすく説明

子どもたちに放射線がどんな風に飛んでいるのかを霧箱を使って実際にみてもらいます。

「放射線がタイヤのゴムなどを固める役目もしていることにびっくりしました」など、授業を通して印象に残ったことを発表

専門家派遣お申込みはこちら

専門家派遣についてご質問・お問合せはこちら