1. トップページ
  2. 除去土壌等の再生利用について
  3. 再生利用実証事業
  4. 飯舘村長泥地区における再生利用実証事業

飯舘村長泥地区における再生利用実証事業

事業概要

  • 飯舘村長泥地区の特定復興再生拠点では、2018年4月に認定された「飯舘村特定復興再生拠点区域復興再生計画」において、農の再生にあたっては、実証事業により安全性を確認したうえで、造成が可能な農用地等については、再生資材で盛土した上で覆土することで、農用地等の造成を行い、農用地等の利用促進を図ることとされています。
  • 村内の仮置場から運搬した除去土壌を再生資材化し、再生資材を用いて造成した盛土実証ヤードにおいて、資源作物等の試験栽培等の実証事業を実施しています。
  • 今後、実証事業の結果を踏まえて農地の造成工事に着手することを予定しています。

事業の様子

【ビニールハウス栽培エリアの様子】

【露地栽培エリアの様子】

盛土造成中の様子

盛土の様子

盛土の様子

造成した農地での試験栽培の様子

試験栽培の様子

環境大臣の視察

  • 令和元年2月9日に小泉環境大臣が飯舘村長泥地区を視察し、菅野村長、門馬副村長、鴫原区長を始めとする15名の住民と意見交換を行いました。


実証事業で栽培した花を視察する小泉環境大臣(写真中央)、菅野村長(写真左)、鴫原区長(写真右)


小泉環境大臣(写真中央)との集合写真

飯舘村長泥地区環境再生事業運営協議会

  • 飯舘村長泥地区における除去土壌の再生利用を含む環境再生事業等を実施する上で課題となる事項について、専門的・実務的見地から意見を聴取することを目的として、飯舘村長泥地区環境再生事業運営協議会を行っています。

飯舘村長泥地区環境再生事業技術検討ワーキンググループ

  • 飯舘村長泥地区環境再生事業を実施する上で課題となる事項等について、専門的・実務的見地から技術的な検討を行うため、飯舘村長泥地区環境再生事業運営協議会のもとに飯舘村長泥地区環境再生事業技術検討ワーキンググループを設置しています。

環境省広報誌での掲載

いいたて便り

環境再生の取組や地元の皆様の思いを紹介する「いいたて便り」を地元新聞に掲載しました。

▲ページ最上部へ