再生利用実証事業

環境省では、中間貯蔵開始後30年以内の福島県外での最終処分に向けて、再生資材化した除去土壌の安全な利用を段階的に進めるため、以下を目的とする実証事業を行っています。

  • 再生資材化の工程における放射線に係る具体的な取扱方法及び土木資材としての品質確保の在り方の検討
  • 追加被ばく線量評価の妥当性の確認

大熊技術実証フィールド

除去土壌等の処理、減容・再生利用及び県外最終処分を効率的に進めていくため、実際の除去土壌等を用いて、実用的、実務的な技術の開発を行うことを目的とした施設です。

除去土壌の再生利用に関するQ&A

除去土壌の再生利用に関するQ&Aをまとめました。

▲ページ最上部へ