大熊②工区 受入・分別施設及び土壌貯蔵施設(いずれも運転中)の概要

工区 大熊②工区
受入・分別施設数※1 2
土壌貯蔵容量※2 約300万m3

※1 発注時の1施設当たりの処理能力は140t/時。
※2 貯蔵容量は、仮置場等からの輸送量ベース(1袋=1m3で換算)。用地確保状況等により変更となる可能性がある。


受入・分別施設(第2期)(撮影: 2019年7月26日)


土壌貯蔵施設(撮影: 2019年8月7日)